超基本!洗顔料の選び方

話題の美肌クレンジングを徹底比較。支持されてるのはコレ!

タイプ別に洗顔料を特徴を紹介しながら、肌質やお悩み別にどのような洗顔料を選ぶべきか解説します。

タイプ別洗顔料

クレンジングと同様、洗顔料にもたくさんの種類があります。それそれ特徴がありますので、肌質やお使いのクレンジングとの相性で選んでみると、美肌により効果的です。

固形石鹸タイプ

洗浄力が強く、特に白いタイプの固形石鹸はアルカリ成分が多く、敏感肌や乾燥肌の方には強すぎるかもしれません。透明の固形石鹸は保湿成分が多く、乾燥肌の方も安心して使える固形石鹸です。洗い上がりは、さっぱりとつるつるした感じになります。

  • オススメの肌質…普通肌・脂性肌・混合肌・敏感肌

クリーム・フォームタイプ

洗顔料では1番バラエティに富んでおり、ほとんどはチューブ入りで使い勝手が良いです。一般的に泡立ちがよく、キメが細かくてもっちりとした泡が作りやすいですし、お肌の調子に合わせて保湿力の高いものや洗浄力の強いものが選べます

  • オススメの肌質…普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌

ジェルタイプ

水分に馴染みやすいゼリー状の洗顔料で、ジェルが皮脂の汚れを包み込んで落とします。肌にやさしく、洗いあがりのつっぱりが比較的少ないタイプです。 しかし、肌にやさしいため洗浄力が弱い傾向にあります。

  • オススメの肌質…普通肌・乾燥肌・敏感肌

パウダータイプ

特殊な酵素入り洗顔料などには、パウダータイプの洗顔料があります。水分があると酵素の働きが悪くなるため粉状にして保存してあります。洗顔するときはパウダーに水を加えて上手く泡立てる必要があります。洗い上がりは、肌表面をなめらかにし、やわらかな肌になります。

  • オススメの肌質…普通肌・乾燥肌・敏感肌

泡状タイプ

押すだけで泡が出てくるのが泡状タイプ。あらかじめ、理想的なキメ細かいもっちりとした泡が出てくるので、泡立てがどうしても苦手な人や時間がないときに便利です。 

リキッドタイプ

洗顔料の種類の中でも水分量が多く少量の水でもすぐに泡立つ。汚れ落ちもよく、さっぱりとした洗い上がりのものが多いです。

  • オススメの肌質…普通肌・脂性肌

スクラブタイプ

お肌が正常なターンオーバー(新陳代謝)ができず古い角質が残っているとゴワついたり、ざらつくときは、スクラブ成分を配合したスクラブ洗顔料を使うと良いでしょう。ただし、毎日使う必要はなく、週末など時間のあるときゆっくりフェイスケアしながら使うのがベストです。

  • オススメの肌質…普通肌・混合肌・脂性肌

AHA配合タイプ

酸の力を利用して余分な角質をオフしてくれる洗顔料で、顔色が明るく導かれ、くすみ解消に効果があります。 

  • オススメの肌質…乾燥肌
美肌をつくる!クレンジング完全ガイド