正しいクレンジング方法とは

美肌づくりの基礎はクレンジングから始まります。 ここでは正しいクレンジング方法について手順を追ってまとめています。 もう一度、自分のクレンジング方法を振り返ってみましょう。

正しいクレンジング方法が必要な理由

毎日のクレンジング、どのようにしていますか。 間違った方法をしていると、そのたびに肌をいためることにもなります。

大切なのは、適切な量を守り、正しいクレンジング方法をマスターすること。 これが肌をいたわりながらメイクを落とす秘訣です。

しっかりおさらいして、美肌を目指しましょう。

正しいクレンジングの手順

其の1:適切な量のクレンジング剤を手にとる
量は各クレンジング剤によって異なるので、説明書などで確認しておきましょう。少ないと顔と手の間で摩擦が起きてしまい、肌をいためることになります。 またこの時、手も顔も乾いた状態であることが大切です。 ぬれて水分が混じってしまうと、メイクの油性成分がクレンジング剤となじみにくくなり、うまく汚れが落ちず肌に残ってしまうことになります。

其の2:クレンジング剤を肌になじませる
Tゾーンなど、顔の中でも皮膚の強い部分からメイクとなじませていきます。 丸く円を描くように指を動かしながら、優しくなじませていくのがポイントです。 ごしごしこすると肌に負担がかかるので気をつけましょう。

其の3:細かい部分になじませる
目元や口元などメイクの汚れがたまりがちなところに、ていねいにのばします。 ここは皮膚が弱くデリケートなので、優しくていねいに指先でくるくる円を描いてなじませます。 あまり時間をかけると、うるおいまで奪い、肌によけいな刺激をあたえるので気をつけましょう。

其の4:乳化orふき取り
乳化を行うタイプのものは、ここで少量のお湯を加え、乳液状になるまでマッサージをします。 ふき取りタイプのものは、ティッシュやコットンなどで優しくふき取ります。 つよくこすると肌荒れを起こすので注意しましょう。

其の5:クレンジング剤を洗い流す
ぬるま湯できれいに洗い流します。水だと油分が固まってしまいがちなので、おすすめしません。 とくに生え際などのフェイスラインはクレンジング剤が残りがちなので念入りに。 多少ベタつきが残っていても、次に洗顔をすればきれいに落ちるので大丈夫です。

美肌をつくる!クレンジング完全ガイド