5つのタイプを知る!

話題の美肌クレンジングを徹底比較。支持されてるのはコレ!

クレンジングを5つの種類に分類し、それぞれのメリットとデメリットを紹介していきます。

どんなクレンジング料があるの

最近ではいろいろなタイプのものがありますが、ここではクリームタイプ・オイルタイプ・ミルクタイプ・ジェルタイプ・オイルフリータイプと5つの種類に分類し、それぞれのクレンジング剤のメリットデメリットを比較していきます。一概にこのタイプが一番と決め付けずに、肌質やその日のメイクに合わせて色々なタイプを選んでみるといいかと思います。 

クリームタイプ

メリット
油分と水分のバランスが良く、弾力やはりが低下しているときにマッサージクリームとしても使われます。またうるおいを保ちつつクレンジングができ、肌への刺激が少ないです。

デメリット
オイルタイプよりは洗浄力が弱く、洗い上がりのべたつき感が苦手という方からは敬遠されがちです。

オイルタイプ

メリット
油分が多い化粧品と一番なじみやすく、一番落としやすいとされているのがオイルタイプです。こすらずに短時間で落とすことができますので、しっかりメイクの後でもちゃんと洗い流せます。落とした後のさっぱり感も一番です。  

デメリット
落とす力が強い分、肌の保湿成分も一緒に落としてしまいがちで、乾燥しやすい方には注意が必要です。またオイルと共に配合された界面活性剤が肌に良くない、という指摘もあります。

ミルクタイプ

メリット
コットンなどで拭き取るタイプと洗い流すタイプがあり、油を落としすぎず、肌への刺激が少なく乾燥もしにくいものが多いので、乾燥肌や敏感肌の方にはおすすめです。

デメリット
洗浄力が弱く、乳化する(油分を馴染ませる)のに時間がかかります。そのため短時間で使うと、メイクが落としきれないことがあります。アイメイクなど濃いポイントには、別のタイプのクレンジング剤で対応する必要があります。

ジェルタイプ

メリット
トロンとしたゼリー状で、水溶性のタイプのものは肌への刺激も少なくて、肌に伸ばしやすくメイクにもなじみやすい剤質です。濡れた手でも使える商品は、ほとんどがジェルタイプです。よく滑るので、摩擦を減らすことができ、マッサージにも使うことができます。

デメリット
オイルをジェル状にしたものはクレンジング力も強く、その分刺激も強めになる傾向があります。水溶性のタイプのものは、油性のポイントメイクは落ちにくいため、専用クレンジングとの併用が必要です。 

オイルフリータイプ

メリット
角質を傷つけず皮脂を取り過ぎないので、洗い上がりの肌も乾燥せず、肌への負担が少なく保湿力が優れています。

デメリット
メーカーによって洗浄力が劣るものがあり、アイメイクは専用クレンジングで落す必要があります。

美肌をつくる!クレンジング完全ガイド